読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの小さな幸せ日記

みなさんの小さな幸せ集めました。

近くにいる乳幼児に微笑みかけて笑顔を見られるのが小さな幸せ

電車の中や信号待ちで親に連れられた乳幼児が近くにいる時に微笑みかけると笑顔を見れることがあります。

 

幼い子どもは相手の顔色を窺う天才ですから自分の中に不満が渦巻き顔で笑って心で怒っている時には笑顔は返ってきません。

 

見知らぬ幼子に微笑みかけるだけで不審者扱いされる人の中には本当に捕まった方が世のためである人もいるでしょう。だからそんな人に勘違いされそうだと気付いた時には絶対に微笑みかけません。

 

自分の笑顔に自身がある時に微笑みかけるのです。

 

そうして相手の反応を見ると自分の笑顔を子どもに評価してもらうことができます。例え普段は粗暴な振る舞いをしている人でも子どもは笑い返したりします。その笑顔だけに嘘がないと子どもが安心すると笑うのでしょう。

 

電車の中で邪魔者扱いされていることを感じて泣いている幼子に微笑みかけて泣き止んだら自分だけの幸せに留まらずまわり皆の幸せになります。

 

子どもの泣き声が続くのを好きな人はあまりいないからです。

 

それなのに幼子が大切にされにくい世の中だからこそ私はなるべく幼子に微笑みかけるようにしているのです。

 

自分が酷い顔をしていると思い知らされたことはあっても泣かれたことはまだ一度もありません。

もちろんこれです、家族の食卓

子供が大きくなってきて、我が家の生活費もどんどん子供のための必要経費に圧迫されております。


小さい頃から、習い事をさせていました。本人の希望を元に、私が苦手だった習字や水泳、ピアノなど、昔ながらの習い事をさせてきました。


一人に3つまでねと二人で6つの習い事をさせていて、今から考えると結構支払っていたんだなと思いますが、あまり気になりませんでした。


しかし、長女が中学2年生の今、まさに受験まであと1年となった時に、本人の希望で進学塾に転塾してから本格的に教育費が家計に打撃を与えてきました。


普段の私なら払いたくない額でも、長女がそこそこ頭が良いだけにこちらも期待していまい…何より本人が進学塾が楽しいと以前よりハードになっているにもかかわらず順応している姿に支払いを惜しむこと自体がもったいない気がしています。


そんなこんなで、他のことで節約するしかないと、とにかく我が家は家族で過ごす時間は節約の道をたどっています。


個人的に友達と遊ぶことを控えてまで節約をすることは考えておらず、それはきっちり楽しい時間を過ごします。


ただ、本当に外食が減り家族4人そろっての外食は半年に1度回転寿司で歩かないかでしょうか。


その代わり、週末は家での夕食に力を注ぐことにしています。


もちろん節約であることは変わりませんが、考え方として「外食することを考えたら安いもん」という物差しでメニューを決めています。


その家族のだんらんの時間がとにかく楽しいんです。


みんなでその時その時に注目されているドラマを見て爆笑しながら食事を取る時間、小さな幸せです。

ちょっと生活変わったみたいで嬉しいです

今年こそは自分を変えよう!と決意しているところ。


そして、自分を変えるために100個のやりたいことリストを作ってみました。


100個書くっていうのは、本当に大変だったのですがなんとかやりきりました。

そして大事なのは、これを叶えていくことだよなって思ったりしています。


というわけで、早速できそうなところから叶えていくことに。


今日は髪型を変えるためのアイテムを購入しました。

あと食器とかも欲しいなって思っていたのですが、こちらは見るだけで終わっちゃいました。


なかなか、いままでの生活を変えるっていうのは難しいんだなって思うばかりでした。


それでも、一個やりきることができたのでよかったなって感じ。


いままでやったことないことでも、やってみたらできるじゃん!って感じですね。

ちょっとした自信がついてよかったです。


この勢いで他のこともやりきりたいです。


次は、仕事のスキルアップとかも図りたいので、スキルアップ動画を見るとかですかね。

お金をかけると嫌だなって思うことも多いので、お金をかけずともできることと交互にやりたいなと思っています。


小さいことでも、やりきることで小さな幸せを感じるので、コツコツやりたいことを叶えていきたいと思う今日このごろです。

ウインドーショッピングでもとっても幸せ

今日は久々にお買い物をあれこれしてきちゃいました。


ま、買ったものはそんなにないのですが、ランチを自分の部屋でとった分、自分ご褒美できるかもって思いました。


そこで、久しぶりにアクセサリーをパーツ屋さんで購入。


最近は自分を着飾るものと買うのが楽しみで仕方ありません。

それから、今日は次に買うものをあれこれ物色してきました。


ずっとほしいなと思っているのが、遠赤外線のヒーターなんですよね。


あまりにも部屋が寒いのでそれを改善できないだろうかって思ったりしているところ。


今なら冬のセールで1万円くらい出せば買えるみたいなので、つくづく買っちゃおうかな?って思いました。

その後は、ブランドショップとかウインドーショッピング。


ウインドーショッピングだけでも十分楽しかったです。


キラキラしたものを目に入れるだけでもテンション上がるよな?なんて思う今日このごろ。


ストレス発散方法の一つなので、時々やりたいなって思っています。


セールはインテリアとかにも波及していたので、今度のお給料日がきたらインテリア費用を捻出したいと思います。


とにかく、今日はほしい物リストに入っている実物を見たりできたので、かなり満足の行くお出かけになりました。

子供の絵心進化が楽しみですね!

保育園に通う娘が、最近かなり絵心が進化しています。

自身は、昔から絵を描くのが好きだったので嬉しいと素直に感じますね。

但し、奥さんは”絵”にあまり興味が無いみたいで…娘の絵に評価がイマイチな様子です?。

「どう、凄いでしょう?」

この娘の問いかけに、奥さんは”ボチボチ褒める”が定番の我が家なんです。

これでは、せっかくの向上心が失われてしまうぞ!

そこで、私は”褒める”を積極的の行っています。

決して”親バカ”にならない様にする事が大事な”褒める”です!

時には、大人目線での厳しい意見を言ってしまいますね?。

「この人には…首とお尻が無いぞ!」

正直、保育園児にはキツイ意見ではあります?。

それでも、生まれつきの負けず嫌いが良い方向に向かっているんですよ!

メキメキと頭角を現す我が子の絵は、レイアウトとストーリーが入り出しました。

「ここは、庭で友達とお母さんとお父さんが”ハート”なんだよ?」

見ると、絵の周りには”ハート”が一杯で楽しそうなんです。

いつもの私なら…絵に”ハート”は要らないと言ってしまいそうです。

けれど、この優しい雰囲気と画力アップには嬉しすぎますね。

「良い雰囲気でカワイイね?」

親子で眺める我が子の絵は、正直”小さな幸せ”になっていますよ!

自宅のパソコン画面にある家族の写真を毎朝見ること

私の家族は妻と娘1人、息子1人の4人家族です。


私自身が50代になったこともあり、加齢に伴う体力の衰えに加えて仕事や人間関係によるストレス、さらには消化器系や泌尿器系に持病も抱え、サラリーマンとして働く日々に嫌気がさすことや辛いこと、落ち込むことも多くありますが、毎朝起きて、パソコンのデスクトップに壁紙として貼り付けてある4人全員で青森県に家族旅行に行ったときの笑顔の写真を見ることが、今の私にとってはとても大事な幸せの時間となっています。


「さぁ、今日も一日頑張ろう」と自分自身を奮い立たせることも出来ますし、朝だけではなく、この写真を見るたびにとても幸せな気持ちとなり、「苦しいけど自分は一人じゃないんだ」とか「この家族のためにもう少し頑張らなきゃ」、「俺が一家の大黒柱なんだ」と自分に言い聞かせています。


私にとってこの写真は「たかが写真、されど写真」そのものであって、親族や同僚、友達などからのどんな励ましやねぎらいの言葉よりも勇気と幸福感を与えてくれています。


毎朝目が覚めたらまずパソコンの電源を入れて家族の写真を見るということは、一日24時間の忙しい流れの中ではとてもとても「小さな」ことですが、私にはとても「大きな」刺激を与えてくれる大切なイベントとなっています。

現在の私の小さな幸せ

結婚して15年たとうとしていますが、独身時から、結婚10年目くらいまで、ずっと働いて来ました。


子供も出来なかった為、このまま定年まで働いて少しでも老後の資金を貯めなければ、と思っていました。


結婚10年目に夫がそれまで勤めて来た会社から独立して、自分で仕事をするようになり、人手が足りないという事で、私も退職し、夫の仕事を手伝いましたが、慣れない工事仕事で腰を痛めてしまい、続ける事が出来なくなりました。


幸い夫の方も、人手が出来、私は仕事に出る必要がなくなり、今は専業主婦です。


最初のうちは、ずっと働いてきた会社を辞め、慣れない仕事で腰まで痛め、犬の散歩にも苦労する始末で、本当に情けない話だと、少し落ち込んでいました。


しかし、一生懸命に働く夫を見ているうちに、考え方も変わって来ました。


仕事も無くし、貯金も底をついてまた最初からになりましたが、あの時の判断はきっと間違ってはいなかった、と思うようになりました。


今は毎日朝、夫を仕事に送り出し、一通りの家事を終わらせて、自宅でこざこざした事務仕事をしたり、たまにこうして文章を投稿したりしている時に、静かな時間を過ごす事が出来て、小さな幸せを感じています。

大好きな温泉の代わり。

2番目の子が産まれてからは仕事をしていなかったので、子供が少し大きくなれば、上の子が小学校に行っている昼間でも連れて、一緒に近くの温泉に行って疲れを癒し、ストレス解消ができるのをとても楽しみにしていたのですが、初めて連れて行った時は大泣きしてしまい、全くお湯に浸かることができませんでした。


まだ1歳だったし、初めてだったのだから仕方ないと、その後も慣れるまで数回連れて行きましたが、慣れるどころかどんどん泣き声が大きくなるばかりで、他の人の迷惑にならないよう、無理に行くことをやめることにしました。


仕方がないので、自宅で気に入った入浴剤にじっくり浸かって、少しでもストレス解消をしようとしましたが、大好きな発泡タイプの入浴剤を用意すると

 

「僕が入れる!」


と上の子が入れたがるのです。


家のお風呂は追いだきができません。ぬるめでないと入れないその子が、私と下の子が体を洗ったあとで入浴剤を入れるので、既にぬるく、満足ができない状態だったため、
「入浴剤は私が入れる!我慢して!」と大人げなく子供に宣言しました。


子供は不満そうでしたが、熱々のお風呂に入浴剤を入れた時のシュワーっとした瞬間が今の私のストレス解消になっています。


小さな幸せですが、今はそれが最高の楽しみです。

寒い時のホットココア

私の小さな幸せは、ホットココアを飲む瞬間でした。特に冬は冷え性なので、いつも寒い状態が続いていますが、そんな時にホットココアを飲むと、あったまるのと同時に穏やかな気持ちになります。

 

昔はあまりココアを飲む習慣はなかったのですが、きっかけは体調崩して病院に検査に行き、診察が終わって支払いを待っているときに、お母さんが自動販売機でホットココアを買ってきてくれて、この時のココアがすごく身に染みておいしかったことを覚えています。この時からココアという飲み物が自分の中で少し特別なものになり、冬のご褒美のような存在になりました。


また調べてみるとここ3度に体温める効果もあるようなので、冷えが習慣になっている方にもすごくオススメの飲み物です。牛乳を入れたり自分の好きな事にアレンジして、家で飲むのも大好きです。

 

ただ毎日飲むとあまりありがたみがないし、糖分も多くとってしまうと思ったので、最近は何か自分が頑張った時のご褒美として買うことが多いです。今やいつでもあったかい飲み物がボタン1つで買えるので、今だと思った時に、買ってそのまま飲むこの瞬間がとても幸せです。

 

もともとチョコレートも好きなので、カカオつながりでポリフェノールも取れて健康的にも良いと思っています。

毎日少しの幸せ。私の王子様。

私は×2になる決断をしたのは旦那のマルチ商法でした。子供を連れていかない。

 

約束はきちんと守る。そんな些細な約束すら守れずにマルチ商法にハマッてしまった旦那でした。


上の子は元旦那との子で既に小学生高学年です。しかし下の子はまだ4歳で離婚なんてわかりません。パパと一緒に居たいなんて言ったらどうしようと不安でたまりませんでした。


しかし、元々生活費が足りない私は朝昼夜とがっつり仕事をしていて、私が夜のバイトが休みの時は決まってマルチ商法に出掛けていて居ませんでした。なので、だいたいどちらかしかいないので、下の子もパパは?と聞く事はほとんどなくて平和に忙しく日々過ごしていました。


そんなある日、私は追突事故にあいました。元々力仕事で痛めていて我慢し続けた身体はむち打ちが更に悪化して痛みに耐えるのに必死でした。


私は喘息があり痛み止もアスピリンによりなかなか飲めなくて飲めるのを最大まで出してもらったのですが、痛みと眠気のオンパレードです。子供達を見てくれる身内など私には居なくて家事も育児もぎこちなくこなしていました。


子供達には申し訳なくて家事にも手をぬき始めた頃、4歳の息子が、ママ!大丈夫だからね!僕が居るからね!と痛がってる私に向かって言ってくれました。


どこでこんなことばを覚えてきたのか、それ以来、小さな王子様は痛いと言うと優しい言葉をかけてくれます。

 

普段はあんなにやんちゃで言うことを聞かない王子様だけど、優しい王子様に毎日毎日少しの幸せを感じています。