みんなの小さな幸せ日記

みなさんの小さな幸せ集めました。

スイーツのある自分時間

幼い子どもたちが寝静まった夜、平日の、時刻はだいたい夜の9時くらい。
ここからがわたしの幸せタイムです。


主人は仕事で平日は帰宅が遅いことが多いので、夜ご飯は作ったものを置いておけば、あとは帰って来たら自分で温めて食べます。


わたしは、お風呂も夜ご飯も子どもと済ませているので、あとは寝るだけです。


床暖房のきいたリビングでぬくぬくしながら、シーンとしているのはなんとなく嫌なので、まずはテレビをつけます。


そしてドリップコーヒーを淹れ、昼間にスーパーで買ったスイーツを食べるのです。
たまにデパートに行ったときは、主人や子どもに内緒で自分用のスイーツをこっそり買ったりします。


気になったテレビがやっていればそれを見ますし、録画しておいたドラマを見ることもあります。


パソコンをつけてネットショッピングをしたり、雑誌や新聞を見たり、これがわたしの心身をリセットするための「小さな幸せ」を感じる大切な時間なのです。


もちろん、家族で過ごす時間が幸せではありますが、育児は自分の思うようにはいかないですし、日中はほとんど子どもといるため、「自分のための時間」がなかなかありません。


子どもが生まれる前までは、自分の時間がないということが想像できませんでしたし、つらいことだとは思っていませんでした。


なので、好きなものを食べてゆっくりすることが、今は本当に小さな幸せなのです。